中津川アイスロード「アルカトラズ」脱獄編

中津川アイスロード「アルカトラズ」脱獄編

「アルカトラズ」監獄みたいしょ? プリズン・ブレイクご所望方います?

【フィールド情報】

埼玉県秩父市大滝群 中津川渓谷 林道沿い

中津川アイスロード

ルート名:アルカトラズ

グレード:Ⅳ+ (一部 Ⅴ−くらい?)

ピッチ:1ピッチ(約40〜50m)

※終了点は灌木を利用。50mダブルロープ・懸垂1回で取付きへ。

(推奨装備)

・スチールスクリュー×6〜8本程度 (10cm、13cm、16cmを推奨)

・ダブルロープ

中津川林道沿い岩壁崩落防止フェンスの内側にあるルンゼ・滲み出しの氷結。 当初、フェンスが氷を囲うような監獄にみえた事から、そこからインスピレーションを受け、難攻不落の監獄「アルカトラズ」という名前をつけた。ルンゼを登りきれば難攻不落の監獄をプリズン・ブレイクできる。 「先ずは、どやって入るの?」と気になるところだが、何故かフェンスには穴が空いていてそこから侵入できる様になっている。誰か既に脱獄したか…正に、ルートから脱獄を唆すシチュエーションとなっている。 ルートは段瀑状となっていて登攀自体はⅣ+程度だが、全般的に氷は脆く、スクリューを打つ場所を選ばされる。そのため気は抜けない。 また崩落防止フェンス内とあるだけに、岩の崩落には十分、気をつけたい。

(トポ図)王冠キャンプ場から近いのですよ。

【活動記録】

令和4年2月15日(火)

メンバー:デクさん(松永)、まちゃあき(Zaki)

奥多摩・奥秩父アックス登攀部隊の通称「部活」

この日は、デクさんとまちゃあきの2名体制で、昨シーズン発見したが登攀できてきなかったルート「アルカトラズ」の回収とYou Tubeの為の撮影作業へ。

中津川アイスロードは寒波の影響を受け積雪多し…

駄菓子菓子(だがしかし)、いきなり問題勃発。

ホームである中津川アイスロードに到着したわけですが…

「マジか…」

積雪によるデモが巻き起こっていました。

「戦車(ジムニー)ならいけるでしょ~」

と途中までカー・ラッセルするも、それも束の間…。

林道に堆積する落ち葉に積雪し、(次郎系でもないのに)高さが増し増し・通行止め状態になっていました。

「落ち葉堆積×積雪」のコラボ(通行止め状態) こんな事もあるのか!?侮れぬぞ中津川…          クーデターに発展しないことを願う。

こんなのがいくつもあり、ジムニーちゃんでもお手上げ状態でした…潔く断念。

ちゅーことで、戻って安全な場所に車を止めて徒歩で向かいました。

徒歩進気(とうほうしんき)で向かいます。
今回の主演は、我らがチームのノッポさん(デクさん)

アルカトラズは中津川エリアでも、林道 沿いで一番近くにあるルート。 秩父は降雪後の積雪もあり中津川アイスロードのアプローチ状況が読めなかったことから1番近いルートへ。

王冠キャンプ場の通行止ゲートから1時間もしないで「アルカトラズ」に到着。

この日は好天で気分も気持ちも良かったのですが、脱獄には不向きな気候?でしたね。時間経過につれて氷の融解が進み、脱獄へのビクトリー・ロードは失われていく次第。とっとと準備して、登攀&撮影開始です。

まぁ~秩父特有の糞氷。しかも、陽が当たってボロボロになっていく始末…早く登攀しちゃいましょ♪
フェンス内側からのアルカトラズ全景。クソですねぇ~、ある意味スリリング。
こんな感じで侵入するんですね。因みにコイツは脱獄に加担する看守。協力するとは…何があった?
脱獄犯とアルカトラズ。
脱獄犯(デクさん)は、フェンス内侵入前に看守をフルボッコ👊して手懐けたらしい…(冗談です)
さぁ、シャバへ向けて Take off !! 出だしからいきなり糞氷とドライです。

こういった状況下では、我々の主力武器「10mm Parabellum bullet(パラベラム弾)」と「13mm Hollow point bullet(ホローポイント弾)」が非常に良い仕事をしてくれるのです。             ※10㎝・13㎝アイススクリューの事です。

「10mm Parabellum bullet(パラベラム弾)」と「13mm Hollow point bullet(ホローポイント弾)」で応戦、守りを固めるの脱獄犯。 ※10㎝・13㎝アイススクリューの事です。

この辺までは、ハエがたかりたくなる様な(安定の?)薄い糞氷。スクリューが打てそうな氷までランナウトで上がった脱獄犯は、ここで一発のホローポイント弾(13cmスクリュー)をぶっ放した。

アルカトラズ中間部・脱獄犯のビジョン(フォロー中に撮影)
糞氷に弾丸をぶっ放した形跡がある…脱獄犯も生死をかけて必死なんです。

「決まった…」の一言。

スクリューが決まったことにより精神の安定が担保され、脱獄犯は一気に核心部へと畳み掛けようとするも…

脱獄犯は主力武器で守りを固めつつ一気に突破。

駄菓子菓子(だがしかし)、ここで犯行に加担した看守(まちゃあき)に罰が下りました…

アルカトラズの脱獄防止装置?なのかわかりませんが、脱獄犯たちに殺傷能力の高いトラップが発動。

なっ、なんと、ルンゼ左岸の岩壁が崩落…。巻き込まれたんです、はい。

カメラが捉えた決定的瞬間シリーズ。右上(左岸側)の岩壁に注目。
「えっ?嘘だろ!?」 「ビぎシッ…」と鈍い音の後に事は起こった。 
1m×1m四方くらいの大岩と岩石・土砂が宙を舞う。時既に遅し、気になる看守の行方は…

左肩とヘルメットに砕けた岩が当たり少しダメージを受けただけで、奇跡的に大事にはいたりませんでした。大岩に潰され・挟まれていたらタダじゃすみませんでしたね。何たる不幸中の幸い…。

(※後々気づきましたが、ヘルメットに当たった岩の衝撃で歯を喰いしばったのか、奥歯の一部欠けていました。咀嚼時、痛いっす…)

「いや、マジで危なかったよ?」 何故に毎回の如く何かが起きる? ってか、崩落に合うって結構な確率だわさ… 誰か、藁人形でアタシを呪ってるのでしょうか? 疑問は絶えません。

しかし勿論代償もあり、ロープと定点カメラが崩落被害で、挟まれ・生き埋め状態に…。

一旦、登攀・撮影を中断。

主演の脱獄犯(デクさん)にはスクリューテンションで待機してもらい、定点カメラはいいとして、先ずはロープの挟まれ救助を開始。掘削作業で何とか1本のロープを救出し、とりあえずはデクさんの命綱と安全は担保されました。その調子でもう1本のロープも救出しようとするも、もう1本のロープは一部が大岩にモロに挟まれ微動だにしない…。救助が難航し、時間ばかりが経つ一方に登なってしまったので、デクさんに1本のロープを離脱してもらいシングルロープでの登攀を再開してもらいました。

脱獄劇の再開!シャバに向けてラストスパートの脱獄犯。(諦め悪いですねぇ~、まだやんの?)
上部は二俣になっていて、今回は左俣のちょっとしたバーティカルを登攀。
アルカトラズ上部・脱獄犯のビジョン(フォロー中に撮影) 意外と立っていたし、ここは16cmマグナム弾や19cmライフル弾も撃ち込める氷でしたね。脱獄犯は、最後に乱射した模様。
無事に脱獄成功!あれ、「アルカトラズ」って難航不落よね? なるほど、犯人が凄いのか!
シャバに出られて御満悦な脱獄犯。ところで、シャバでは何する予定ですぅ?

その後は、何事もなく無事にトップアウト。撮影班の看守もトップアウトし、シャバの(上部の)世界を堪能しました。まぁ、上はただの樹林帯で更なる何かは無かったですねぇ~。

と言う事で、離脱に移ります。

離脱は、灌木を利用し懸垂降下で戻ります。今回は不慮の事故でシングルロープとなってしまい、途中の灌木も利用し懸垂2回で取り付きへ戻りましたが、50mダブルロープなら懸垂1回で帰還できます。

アルカトラズ上部・右俣を確認しつつ懸垂降下。
上部・左俣のバーティカル部分(右俣・懸垂降下中に撮影)
ちゃんと立っていますよ?ラストに相応しい、ちょっとした良いスパイスです。
うぇ~い👍 脱獄成功!

離脱時にも、何事もなく無事に取り付きまで戻ってまいりました。

これにて、脱獄劇の登攀・撮影終了!

その後は、中津川アイスロードで今年の気になる場所の氷結を見に行ってから、アイスロードから離脱。この日は、我らがアジトである横瀬の国道299沿いにある、食亭「悦楽園」は臨時休業で入れず、第二候補の秩父で「わらじカツ丼・味噌豚丼」の美味しさで口コミの高い「ちんばた」へ。ここも美味しいんですよね~。

わらじカツと味噌豚のミックス丼。オプションに高評判のから揚げも付けて豪快に食す!ま~いう~♪

アルカトラズ自体の登攀はたいして難しくありませんが、継続的な崩落も否めない状況下の中の登攀・撮影の継続は、違った意味でスリリング且つスパイシーな思い出となりましたねぇ~。

いやぁ~痺れたze!

デクさん、脱獄お疲れさまでした!

冒険は続く…

【番外編】

このドローンの異変に気づきますか?

今回はドローンを持ってきていたので「アルカトラズ」の全景を撮りましょうよ、と言う事で 登攀後に準備していたのですが、何とそこでもサイドストーリーが発生。

「さて、飛ばしますか!」と地上に置いて離陸セット完了。そこで、パイロットであるデクさんは何を思ったのか、置いてあることをド失念(急性アレツハイマー?)、いきなり歩きだして踏んずけたんですよ。

「はっ?」って感じでしたねw

なっ、なんと!クリティカルヒットのヘッド・ショット…

(ドローンの悔しさを尊重してドアップ)

「ア、アイゼンが、刺さりけり…」

これは一撃必殺ですな、見事なヘッド・ショットです。この後は、一応これでもフライト・撮影できました(笑)

「飛ばす前からこれかよ!」と心の中で、思わず突っ込んでしまいましたね(笑)

何せ、デクさんは「ドローン・クラッシャー」の異名を持つ WANTED(指名手配)中の前科持ち。

昨シーズン(2021年の冬)にドローン2台を壊した指名手配犯。
※詳しくは、奥多摩・奥秩父アックス登攀部隊・YouTube「Sky-high (スカイハイ)」動画のオマケムービー参照。

なるほど、それでオフシーズンは捕まっていて今シーズンの脱獄に至ったのですね~

伏線回収、ストーリーが見事に繋がりました。

しかし、シャバへ脱獄して直ぐにまたドローンをぶっ壊したよ、この人。凶悪犯でしかないですね。因みに、ドローンは保証で修理したばっかりだったとの事で「脱獄して直ぐに、修理したてのドローンを飛ばす前に見事に葬る」この所業は大罪ですねw

そこまで悪事で名を馳せたいのであれば、御希望のとおり懸賞金は跳ね上げておきます。

おしまい☆